2/6ページ

2/6ページ

東京から世界に向けて発信される、新たな“衝動” 『SUPER MAGIC TOKYO KARMA』SMTK

石若駿(ドラムス)、マーティ・ホロベック(ベース)、細井徳太郎(ギター)、松丸契(サックス)の名前の頭文字を取った、その名も「SMTK」。現在のシーンで注目を集める顔ぶれが揃う、話題沸騰中のバンドだ。 2018年の結成以来、猛烈なステージングを繰り広げ、シーンに確かな存在を示して […]

しなやかに伸びやかに。光を届ける歌声が心を照らす 『Voice of Buoy』SOA

関西を拠点に幅広いフィールドでシンガーとして着実に活躍してきたSOA。2016年にジャズシーンでの活動を開始してから、数々の国内ジャズコンテストでグランプリ等受賞し、早速その高い歌唱力を示した。2017年、2018年と2枚のミニアルバムをリリースするなど積極的に作品も創作してきた […]

「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇う」

「Kind of Blue」の発表時、若き白人ピアニストであったビル・エヴァンスを起用したマイルスは、激しいバッシングを受けた。マイルスの音楽を愛していたアフリカン・アメリカンたちにとって、ジャズは黒人の魂ともいえる音楽だったのだ。打ち付ける豪雨のように止まぬ批判に対し、マイルス […]

バラードアルバムの「新しいスタンダード」 「PLAYS BALLADS」河村英樹

 時には静かに、腰を据えてゆっくり音と向き合う時間が必要だと思う。慌ただしい日常から開放され、誰にも邪魔されずに自分の好きな音に包まれる、そんな時間。今回紹介するテナーサックス奏者、河村英樹の「PLAYS BALLADS」はそんな時間に打ってつけの1枚だ。  河村英樹は神戸を拠点 […]

ビバップの本流を受け継ぐピアニストの堂々たる1stアルバム 『Long Way to Go』北島佳乃子

バド・パウエル、バリー・ハリス、レッド・ガーランド、ボビー・ティモンズなどジャズの歴史を彩ってきた偉大なピアニスト達。彼らのリーダー作品や参加作を聴いていけば、ジャズという音楽の本質を自ずと見出だす事ができるのではないだろうか。 そういった先人達が作り上げてきたジャズピアノの系譜 […]

Puma Blue、朧げな夢

夢を見ていた。私は彼の歌声をはじめて聴いたあの夜、夢を見ていたのだと思う。微熱をもった息が耳もとをかすみ、ただそこに夜が横たわっているような、そんな夢を。 プーマ・ブルーことジェイコブ・アレンは、デビューEP『Swum Baby』を2017年にリリースした。哀愁をまとった甘く不器 […]

心が通い合う瞬間を捉えた珠玉のデュオ 土岐英史&片倉真由子「After Dark」

アルトサックス奏者、土岐英史の名は日本のジャズ・フュージョンシーンだけでなく、山下達郎、竹内まりや等との共演から幅広い音楽ファンに知れ渡っている。70年代から音楽業界の第一線で活躍し続け、力強く艶やかな唯一無二の音色の信奉者はつとに多い。また後進の育成も積極的に行っている。  彼 […]

はじめてのジャズ喫茶日記 vol.1

ジャズが好きでレコード収集に凝ったり、実はT.saxが吹けたりもする僕だが、浅く狭く聴いているせいか、ゆるくジャズに接してきたせいか「ジャズ喫茶」というものに入ったことがなかった。 「ジャズ喫茶」というと、「私語厳禁」「こわい店主や常連客がいる」「一見さんお断り」なんてよく言われ […]

自宅でオンラインセッションができる?ヤマハの遠隔合奏サービス「SYNCROOM」β版公開

離れていても自宅などから複数人で音楽セッションができるヤマハのオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」。2020年6月頃にスタート予定の同サービスだが、今回はそのベータ版である「NETDUETTO β2 」が公開された。 SYNCROOMは、インターネット回 […]

1 2 6