ジャズは受け継がれ、日々生まれていく『plays Standards』&『plays Coltrane』片倉真由子

ジャズは受け継がれ、日々生まれていく『plays Standards』&『plays Coltrane』片倉真由子

日本のジャズシーンを見渡した中で、ピアニストの片倉真由子の活躍は群を抜いて目を見張るものがある。その活躍ぶりは彼女のピアノをひとたび聴けば、自ずと合点がいく。リーダーとなれば、ジャズの真髄に迫るピアニズムで確かな印象を残し、サイドに回ってもリーダーをしっかり支えながら、片倉でしか表現できないピアノで共演者を一層輝かせる。

片倉が既に多くのレコーディングを残している「Days of Delight」からリーダー作を発売するにあたって、まさか2枚同時発売するとは、大胆な発想で次々と好アルバムをリリースする同レーベルとはいえ、全く予想だにしていなかった。

しかもそのコンセプトが、ジャズファンなら誰もが知り、メロディを口ずさむことができるスタンダード中のスタンダードばかりを収録したアルバムと、ジョン・コルトレーンの楽曲にピアノトリオで挑むアルバムとは重ねて驚かされた。いやはや「Days of Delight」のジャズに対する熱意に圧倒された次第だ。

2枚共に片倉を支えるのは、栗谷巧(ベース、写真中央)と田中徳崇(ドラムス、写真左)。

ライブやレコーディングでの共演がほとんどない粟谷、田中を結びつけた片倉の思惑は、両作品を聴けば見事に具現化されたと言えるだろう。

録音は福岡県うきは市の「うきは市文化会館」で行われた。福岡を拠点とし、会場の良さを熟知した田中が録音エンジニアも務めた。両作共、良質な録音にもぜひ注目していただきたい。

『plays Stndards』では、気を衒わずに真っ向からスタンダードに取り組んでいる。ジャズファンにはすっかり聴き慣れた楽曲達も、この3人の迫真の演奏で聴くと味わいも格別、新鮮な響きを生み出している。

粟谷の野太いベースが豪快にリードする“Autumn Leaves”では、片倉が自由奔放に名曲の旋律を生々しく描写する。

“Body & Soul”では、三者それぞれの音色が明確に伝わるが、それは互いの音を尊重しているから起こり得ることだ。“Moanin’”では、原曲のファンキーな曲調を引き継ぎながら、それが決して模倣に終わらず、現在進行形のトリオだから生み出す事のできる生命力に満ちた演奏になっている。

Apple Musicはこちら

Spotifyはこちら


もう一方の『plays Coltrane』はトリオの切れ味がより一層鋭くなった印象を受ける。

一筋縄ではいかないコルトレーンの楽曲をサックスがいない形で表現するのは、スタンダードとはまた異なる形で困難だった事だろう。しかしそれを乗り越えたトリオの快演に頭が下がる。

片倉が自身のソロピアノのライブでも頻繁に演奏する“Theme for Ernie”では粟谷と田中のシンプルなバックアップに、切々と語りかけるように情感を浮かび上がらせる片倉の演奏が出色。粟谷のベースをフィーチャーした“Wise One”では、彼のベースが地面にしっかりと根を下ろし、揺るぎない堂々たる音色を響かせる。“Resolution”での田中のドラムスが生み出すグルーヴのうねりは、コルトレーンのひたむきなジャズに対する想いを蘇らせたかのように壮絶だ。

Apple Musicはこちら

Spotifyはこちら

アルバムリリース後、東京、大阪、名古屋とツアーで周ったのがトリオでライブをした初めての機会だったという。筆者は実際にライブを聴いたが、トリオでの共演歴の少なさを感じさせないほど相性抜群のサウンドと濃い内容だった。ピアノトリオでこれだけ壮大な世界観を描く事ができるのも稀だろう。

ライブ後に「このトリオでまた演奏したい、すぐにでもしたい」と言った片倉の言葉が物語るように、確かな手応えがあるのも大いに頷ける。このトリオの可能性はまさに無限大だ。

片倉、粟谷、田中のトリオが演奏するたびにジャズの歴史は受け継がれ、更新されていく。

その瞬間に立ち会い、目撃できる我々はとても幸せだ。

ディスクレビューカテゴリの最新記事