ジャズシーンを持続的にサポート「JAZZ SUMMIT TOKYO FOUNDATION」設立

ジャズシーンを持続的にサポート「JAZZ SUMMIT TOKYO FOUNDATION」設立

JAZZ SUMMIT TOKYOが、ジャズシーンを持続的にサポートしていくための基金「JAZZ SUMMIT TOKYO FOUNDATION」を設立した。

JAZZ SUMMIT TOKYOは、中山拓海、石若駿、江崎文武、ぬかたまさしの4名によって2015年に立ち上げられた組織。ジャズの魅力を伝えるために立ち上がった彼らが、新型コロナウイルスの流行によって窮地に立たされた音楽業界のために、再び始動する。

今後の活動の柱としてあげられているのが、上質な動画撮影環境をジャズミュージシャンに提供する「THE SUMMIT」と、ジャズミュージシャン、ならびにジャズクラブ等が継続的に音楽を発信・販売し続けるための基金「JST FOUNDATION」だ。

さらには、若手ジャズミュージシャンに対するスカラシップ制度も計画中。今の、そしてこれからのジャズシーンを支えるための動きとして、大きな注目が集まっている。

「JAZZ SUMMIT TOKYO FOUNDATION」協力者(2020年6月28日時点)

アーティスト

秋元修、秋山一将、淡路泰平、池田篤、石川紅奈、市原ひかり、井上功一、井上陽介、上浪瑳耶香、大友遼、大野真奈、岡田嘉満、小野葉月、片山士駿、加藤友彦、勝矢匠、萱原恵衣、北井誉人、木村マルセロ、Coo(栗原侑子)、グスターボ アナクレート ダ シルヴァ、黒田京子、kenkeng、コバヤシアツシ、小牧良平、コモブチキイチロウ、熊谷ヤスマサ、斉藤良、佐々木浩平、佐瀬悠輔、貞苅純子、澤近立景、上西美帆、島津久崇、スガダイロー、鈴木克人、鈴木哲、高尾幸宏、高峰伊織、竹中優子、武本和大、谷川拓真、谷口英治、谷本京一、田中航、田村陽介、冨樫マコト、塚田陽太、寺久保エレナ、Nao Kawamura、永田利樹、中島香里、中山拓海、中牟礼貞則、根本哲史、蜂谷真紀、馬場智章、浜崎航、早坂紗知、濱田省吾、半田彬倫、平山順子、福岡高次、福田重男、藤林三穂子、細井徳太郎、ませひろこ、松本治、三島大輝、未田敦子、宮野裕司、村上和駿、村木龍、守屋純子、門馬瑠依、柳沼佑育、山田拓児、山田丈造、吉田豊、吉本章紘、RIO

​ジャズクラブ

アルフィー(六本木)、カントコトロ(神戸)、ケントスバンドの店ビートガレージ(札幌)、サテンドール(六本木)、Jazz&Booze Storyville(茅ヶ崎)、新宿PIT INN、Sweet Rain(中野)、 “D-Bop” Jazz Club(札幌)、一ツ木町倶楽部(赤坂)、BODY and SOUL(南青山)、Live Jazz KÖLN(富士)、四軒茶屋(三軒茶屋)、lien(神楽坂)

企業・ジャズフェスティバル・ライター等

海音ジャズ(糸島)、Office ISHIN合同会社、小島良太、櫻井基弘、ハセカン(高田馬場)、早田和音

JAZZ SUMMIT TOKYO 公式ホームページ

https://www.jazzsummit.tokyo/

ニュースカテゴリの最新記事