自宅でオンラインセッションができる?ヤマハの遠隔合奏サービス「SYNCROOM」β版公開

自宅でオンラインセッションができる?ヤマハの遠隔合奏サービス「SYNCROOM」β版公開

離れていても自宅などから複数人で音楽セッションができるヤマハのオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」。2020年6月頃にスタート予定の同サービスだが、今回はそのベータ版である「NETDUETTO β2 」が公開された。

SYNCROOMは、インターネット回線を通じて複数のユーザー同士でオンラインセッションが楽しめるサービスだ。最大5拠点まで通信可能なので、バンドメンバーみんなでセッションも難なくクリアできるだろう。

メトロノームや録音機能なども装備されているのはうれしいポイント。パソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を済ませれば、誰でも無料で使用できるのも魅力的だ。

SYNCROOMでは「音の遅れが気になりそう」という不安も解消しており、ヤマハ独自の技術によって、遠隔地間でも違和感をほとんど感じることがないという。

なかなかセッションができず困っているという方々は、ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

■「SYNCROOM」公式サイト

https://syncroom.yamaha.com/

ニュースカテゴリの最新記事